ゲストさんこんにちは!

最短お届け日は
4月28日(水)です

カート 0 合計 0 円 あと「16,500 円」で送料無料!

合計 0 円

現在カート内に
商品はございません。

Menu

剣持春夫 トップソムリエ

剣持 春夫Haruo Kenmotsu

ソムリエ

血液型
O型
星座
水瓶座
出身
東京都新宿区

ハイエンドホテル、ファインダイニングのソムリエ、シェフソムリエを経て、一般社団法人日本ソムリエ協会副会長、最高技術顧問、ワインスクール校長等を歴任。人材育成にも尽力し、輩出した業界関係者は数多い。現在も現場に立ち続け、日本のワイン業界を見てきたレジェンド。昨今の日本のフドウ栽培、醸造技術の発展に注目し、ワイナリーを巡るツアーも実施している。

Myワイン評価基準

  • エレガントさ
  • バランス
  • 凝縮感
プロフィール

ワインを見る

入手困難な熟成ワイン3選
2021.3.25更新

シャトー・フェリエール 1998

シャトー・フェリエール 1998

フランス

フランス / ボルドー地方

赤ワイン

【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、プティ・ヴェルド

12,309円(税込)

テイスター剣持春夫

入手困難!熟成のピークを味わえる隠れた逸品

おすすめコメント

このシャトーはシャトー・マルゴーの隣という好立地に位置し、畑の面積もわずか8haとボルドー・メドック地区のワインとしては小さく、なかなか手に入らない希少な存在です。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が多いのも特徴です。

生産量も少なく入手困難の中、熟成も22年経ち、まさに今飲み頃のピークに入っています。

ワイン愛好家としては、マルゴー村の格付けワインがこの価格で入手できることは稀で幸せでしょうね。この価格帯で格付けワインの熟成した醍醐味を味わえるのですから。

味わいもマルゴーのワインらしくしなやかで繊細。よくこなれたタンニン、熟成による腐葉土やレザー、ややスパイシーなニュアンスが感じられ、余韻も長く満足度の高い1本。

時間が経つほど、香りが良く立ってくるようです。優良年でこの価格ですから一押しです。

■持ち込みにおすすめなお店の業態
#フレンチ・ワインバー
#和食
■おすすめ料理
#鉄板焼き
#リー・ド・ヴォー(仔牛の胸腺)
#焼鳥(甘めのタレ)
ピオ・チェ―ザレ バローロ 1997

ピオ・チェ―ザレ バローロ 1997

イタリア

イタリア / ピエモンテ州

赤ワイン

【品種】ネッビオーロ100%

18,854円(税込)

テイスター剣持春夫

絶大な支持を誇る実力派チェーザレの熟成バローロ

おすすめコメント

1997年のバローロは当たり年。20余年の年月を経てバランスも良くなり飲みやすくなっていますが、後に来るタンニンの渋みはネッビオーロらしくしっかりと残っており、スケールの大きさとポテンシャルの高さを感じます。

1881年創業のピオ・チェーザレ社は、バローロやバルバレスコのポテンシャルと品質に信念と確信を持って、ワインを生産してきた草分け的な存在です。

また、創業当時から現在まで、140年近く同一族の経営で継続できているのも大変稀なことで、敬意を表したいと思います。所有する畑は約70haと広大で、すべてが自社畑というのも驚愕です。

伝統的な醸造方法と最新設備をうまく用いたワイン造りを行っており、プレミアムワインはフレンチバリックを約60%(うち新樽率60%)を使用して造られています。

バローロを飲んだことがある人もない人も、ぜひこのワインを飲んで古典派バローロの奥深いポテンシャルを感じていただければと思います。

■持ち込みにおすすめなお店の業態
#イタリアン
■おすすめ料理
#白トリュフ入りパスタ料理
#鹿のグリル
#牛肉の煮込み
タービルク カベルネ・ソーヴィニヨン リザーヴ 1999

タービルク カベルネ・ソーヴィニヨン リザーヴ 1999

オーストラリア

オーストラリア

赤ワイン

【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン

9,405円(税込)

テイスター剣持春夫

熟成のポテンシャルが高く、地元で愛されるオーストラリア最古のワイナリー

おすすめコメント

中央ヴィクトリアに位置し、1860年から続くクラシックなワイナリー。樹齢の古い樹の中には、フィロキセラに侵される以前にこの地に移植したものも残っており、大変興味が湧いてきます。

この土地はオーストラリアの原住民アポリジニが「タビルク、タビルク」(水がたまった穴がたくさんある場所)と呼んだように、円陵でありながら水が豊かな産地です。

私がソムリエを始めたころはChateauの文字が付いていましたが、EUの関係で削除したようです。

オーストラリアワインは高品質でありながら手ごろな価格のものが多く、ヨーロッパのワインと比べて同じ品種で造られた同レベルでも、より手ごろな価格で味わえるのが魅力の1つです。

また、オーストラリアの熟成したワインは、ワインショップや酒屋ではほとんど見かけないので、またとないチャンスだと思います。

タービルクのワインの中でも特にカベルネ・ソーヴィニヨンは、予想以上に長寿なワインで、熟成により複雑さが生み出されていますので、ぜひ飲んでいただきたいです。

創業当時から一貫して醸造方法を変えていないのも、郷愁とロマンを感じます。

■持ち込みにおすすめなお店の業態
#バル・フュージョン
#肉(焼肉・焼鳥)
#中華・エスニック
■おすすめ料理
#シシカバブ
#ジンギスカン
#焼肉