ゲストさんこんにちは!

最短お届け日は
5月19日(水)です

カート 0 合計 0 円 あと「16,500 円」で送料無料!

合計 0 円

現在カート内に
商品はございません。

マイページ

Menu

林やよい トップソムリエ

林 やよいYayoi Hayashi

ソムリエ

血液型
B型
星座
牡羊座
出身
広島県広島市

大手ワインショップ店長、流通のリカー部門のやエグゼクティヴソムリエ、スーパーマーケットのワインセラー部門でショップトレーナー等を経てフリーに。コンクール、アワード等の審査員や、各媒体でワインテイスター等を務める。ワイン売場研究家、ワインショップ・コンサルタント。そして人生に欠かせないのは旅と音楽。

Myワイン評価基準

  • ロジカルなストーリーを感じさせる味わいの構成
  • クリーンさ
  • グラスの中にそのワインが生まれた風景が見えること
プロフィール

ワインを見る

世界のおすすめジャケ買いワイン
~中国・寧夏回族自治区編~

2021.4.30更新

寧夏陽々国際ワイナリー 梅楽(メルロー) 2015

寧夏陽々国際ワイナリー 梅楽(メルロー) 2015

中国

中国 / 寧夏回族自治区

赤ワイン / 辛口

【品種】メルロー

2,255円(税込)

テイスター林やよい

羊が跳ねるエチケットが印象的。以外に万能な中国のメルロー。

おすすめコメント

最近、世界中からその品質の高さで注目を集めている中国のワイン。梅楽と書いてメルローと読む、ブドウ品種の中国語表記、興味深いですよね。

その中でも、高級ワインの産地として知名度が急上昇しているのが、中国のほぼ真ん中あたり、寧夏回族自治区の賀蘭山東麓地区。そう、このワインの生産地です。

地区の中心都市、銀川市の空港に飛行機が着陸するとき、広大な台地にゆったりと黄河が流れる様子を見ることができ、課山の向こうはゴビ砂漠という、中国大陸ならではの地形です。

羊が跳ねる青いエチケットのこのワインは、メルローらしいジューシーさに、この土地のもつ少し涼し気な香りを感じることができる万能な1本。

スパイスや唐辛子を使った少しピリ辛な料理と合わせても、料理の味わいをしっかり支えてくれるので私もお気に入りです。

事前にお料理が分からない、ホームパーティへの手土産にも大活躍!気軽なワイン会にもぜひ持っていきたいワインです。

■持ち込みにおすすめなお店の業態
#肉(焼肉・焼鳥)
#和食
■おすすめ料理
#焼肉
#ジンギスカン
#BBQ
#照り焼きチキン
#豚の生姜焼き
寧夏陽々国際ワイナリー カベルネ・ソーヴィニヨン・リー 2013

寧夏陽々国際ワイナリー カベルネ・ソーヴィニヨン・リー 2013

中国

中国 / 寧夏回族自治区

赤ワイン / 辛口

【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン

4,752円(税込)

テイスター林やよい

力(ちから)と書いてリー。生産地の底力を感じるアジアな1本。

おすすめコメント

寧夏回族自治区の賀蘭山東麓は、さすが大陸!と感心してしまうぐらい、大規模なブドウ畑がどこまでも広がっています。

銀川市内の9月下旬の日中はジャケットがいらないぐらいなのに、夜はダウンを着たくなるぐらいという大きな気温差のある気候がとても印象的でした。

さらに降雨量も少なく、土壌は砂質。カベルネ・ソーヴィニヨンの生育にとても適した選ばれた土地ともいえるでしょう。砂質土壌で害虫対策の接ぎ木も必要なく、空気も乾燥しているために農薬もほとんど必要ないそう。

そんなブドウ栽培に恵まれた環境で育ったカベルネ・ソーヴィニヨンを使用したのがこのワインです。

タンニンはしっかり感じるもののキメが細かく、パワフルな中にきっちり感が見える丁寧な味わいで、ボリュームのある果実味と余韻の長さが飲んだ後の満足度を高めてくれます。

ちなみに「力」という名前は賀蘭山の「賀」の字の一部を取ったものだそうで、書道家でもあるワイナリーのオーナーさん作の書をエチケットデザインに使用しています。

私ならば、「赤ワインは重いのしか飲まないんだよね」という方との会食にBYOしたい1本です。

■持ち込みにおすすめなお店の業態
#フレンチ・ワインバー
#バル・フュージョン
#肉(焼肉・焼鳥)
#中華・エスニック
■おすすめ料理
#羊肉のロースト
#トンポーロー
#牛肉のアサード
#牛肉の赤ワイン煮込み
寧夏陽々国際ワイナリー シャーロンジュウ・コウ 2015

寧夏陽々国際ワイナリー シャーロンジュウ・コウ 2015

中国

中国 / 寧夏回族自治区

赤ワイン / 辛口

【品種】シャーロンジュウ

5,148円(税込)

テイスター林やよい

「赤霞珠」と書いてシャーロンジュウ。謎多き地場品種を味わう

おすすめコメント

「蛇龍珠」と書いて、シャーロンジュウと読みます。なにやら初めて聞く名前ですよね。ブドウの名前です。この土地の土着品種ともいえる特徴的なブドウですが、英語名ではカベルネ・ガーニッシュと呼ばれる謎の多いブドウです。

そうそう、中国のワイン審査会でこのブドウ品種のワインだけを審査するフライトがありましたが、どれもそれぞれの個性があり、さすが謎のブドウというだけあるなと、思ったことがあります。

さて、そんなブドウの持ち味をしっかりと見つめ観察しながら作り上げたのがこのワイン。スパイシーさと、ボリューム感、でもとてもなめらかで酸も感じられ、口当たりの良い「ザ・オリジナル」な味わい。どこか東洋的な雰囲気を感じる上質なワインです。

「口」と書いてコウと読む名前は、賀蘭山の賀の字の一部分を取り名付けられ、書道家でもあるワイナリーのオーナーさんの書がリーと同じく、エチケットデザインに使用されています。

私のように好奇心旺盛なワイン探検家の方と一緒にぜひ飲んでいただきたいワインです。

■持ち込みにおすすめなお店の業態
#フレンチ・ワインバー
#バル・フュージョン
#肉(焼肉・焼鳥)
#中華・エスニック
■おすすめ料理
#鳩のロースト
#鴨肉のグリル
#羊のスパイスグリル
#紅焼肉(中華風豚の角煮)